自動車保険事故で示談交渉にかかった期間は?これが示談交渉サービス?!


結論から言うと、ようやく自動車事故の示談が出来ました。

 → 保険会社の示談交渉って契約者の言ったことを相手保険会社に伝えるだけ?口コミは当てにならない


パパちんが事故したのは9月25日なので、示談するまでにまるまる2か月かかりましたね・・・


z.JPG

↑レッカー代金の支払いをするための書類を速達で送りますって言われて届いたもの。


保険会社に依頼している示談交渉・・・

前回も書いたけど、担当者によるのかもしれないけれど、ほんとに交渉しているの?という状態で話は全然すすまず・・・



そもそも、当初事故の過失割合は5:5からスタートし事故事例から見るとうちのほうが分が悪く6:4になるかもしれませんと言われていました。


それなのに、相手の保険会社損保ジャパンはスタートが7:3と言っていますと言ってきたので、話が違うんじゃなに?となったんですよね。



担当者が、最初にそんなこと言わなければスタートは7:3だったかもしれないけれど、5:5スタートと言ったから、うちからしたらスタートはそこなんですよ。

なので7:3と言われても納得いくわけないですよね。

しかも見積額と、最終確定額に10万円も差があるのにチューリッヒはそれを認めるんだからさ・・・


うちはといえば、全損なわけで全損額の範囲内で修理したんですけどね。


何度話をしても、損保ジャパンは7:3で譲らないということで、それは相手の方(Sさん)が譲らないということなのか?と聞いてみれば、Sさんは車両保険に入っているのでもう保険金は支払われており、損保ジャパンが譲らないとのこと。

意味が分からない・・・

スポンサーリンク



そして2週間前くらいに担当者からかかってきた電話では、損保ジャパンが7:3で話合いに応じてくれないので、弁護士を通じて事故証明を取り寄せ云々かんぬん・・・・さらに2か月ほどお時間かかりそうですとか言ってきたので呆れてしまいました。


御社はすごく無駄な経費を使っていると思うんですよね!と思わず言ってしまいました。


弁護士に依頼して書類を取り寄せてって、確かに保険金から支払われるんでしょうけど時間もお金も無駄ですよね。って

うちとしても、車の修理代を自分で払っているんで、交渉が長引くのは困るんです。


うちとしては6:4でお願いしたいですけど、損保ジャパンが7:3で譲らないというなら65:35で交渉してみてくださいよ。


とこちらからお願いしました。


なんだか結局、示談交渉は保険会社にお願いしてるんじゃなく、私がああしてほしいこうしてほしいって交渉をお願いしていた状態です。

自分で相手保険会社に交渉したほうが良かったんじゃ・・・



そして10日ほど経った先週末の夕方、担当者から電話が来ました。


65:35で示談できましたとの報告でした。



示談になって、支払いはすぐにされたようですがネットで契約内容と事故内容とか確認できるのですが、わけわからない個人に支払いしてるんですよね・・・


損保ジャパンへの支払い●●円

●●様への支払い ●●円



パパちんに●●さんて誰?


ってい聞いてみたけど、知らね・・・詐欺じゃね?だって。


もうさ、チューリッヒに聞くのもめんどうだからもぅいいやって感じです。


チューリッヒは相手保険会社に支払う金額は教えてくれたけど、●●さんという名前は初めて聞いたよ。

確かに合計金額はあってるからいいんだけど。


こうやって不信感は募っていくのだと思う・・・

示談交渉も、ちゃんと交渉してくれる担当者だったらスムーズなのかもしれないけどね~


ぽちっと応援お願いします→にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

人気記事

PVアクセスランキング にほんブログ村 ← ランキング参加中♪ ちょっとずつランクアップしてます(^^♪
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!



↓ ↓ ↓ネットで買い物するときにはECナビ経由で買うとポイントが貯まるよ(´艸`*)

 

写真素材やイラスト素材を無料ダウンロードできるよ ↑ ↑ ↑